マッチングアプリでブロックされる理由・心理!ブロックされない方法とは

マッチングアプリでブロックされる理由・心理!ブロックされない方法とは

マッチングアプリで、「いい感じにやりとりをしていたのに突然ブロックされた!」なんて経験はありませんか?

口コミを確認しても、実際にマッチングアプリでブロックされたことがある人は少なくありません。

ではマッチングアプリでブロックされるタイミングやきっかけには、どのようなものがあるのでしょうか?

フェードアウトではなくブロックをする理由

マッチングアプリではもし合わないと感じたなら、フェードアウトして関係を終わらせることもできます。
しかしフェードアウトではなく、わざわざブロックされるのはなぜなのでしょうか?

これはブロックをしないと履歴が残るため、メッセージリストを整理したいからという人が多いです。
またもうやりとりをする気がないという相手への意思表示として使う人もいますよ!

マッチングアプリでは、複数人とやりとりすることも多いですよね。
その中である程度やりとりを続けたい特定の人が決まると、その枠から外れてしまった人はブロックされてしまうのです。

もしブロックされてもあまり気にしないで切り替えよう!

マッチングアプリで恋活や婚活をするなら、ブロックされてもあまり気にしないことが大切です!

ブロックされてしまえば、もう二度とその相手とやりとりをすることはできません。
なのでいつまでも気にするよりは、次の相手を探し始める方がおすすめですよ。

もしも自身に思い当たる節があるのなら、前向きな気持ちでその点を改善してみましょう。

マッチングアプリにはブロック機能がついている

マッチングアプリの魅力は、幅広い選択肢の中から相手が探せるだけではありません。ブロック機能などの安全策があり、ストーカーまがいのしつこい相手や不快な人物を拒否することができるのです。

ブロック機能の役割

ブロック機能は、特定の相手からのメッセージや足あと、閲覧を拒否できる機能です。

LINEやSNSにも同様の機能が付いていますが、マッチングアプリの場合、一度ブロックしたら、解除できないのが大きな違いです。

「不快な言葉をかけてくる」「断ってもしつこい」「マッチングしたが自分の好みではない」「返信がめんどくさい」など、相手との交流の一切を断ちたいときに使う機能と考えましょう。

これとは別に、自分のプロフィールを一時的に相手に非表示にする非表示機能を持つアプリもあります。

ブロック時の表示はアプリにより違う

ブロック機能を使ったとき、相手にはどんな表示がされるのでしょうか?「相手にブロックしたことが伝わってしまうの…?」「これって自分がブロックされているの?」と気になる人も多いはずです。

ブロックの表示はアプリによって異なり、ユーザー表示が退会済みになることもあれば、表示がない場合もあります。

後者は、相手のプロフィールの検索・閲覧・メッセージの送信ができなくなるので、自分がブロックされたのに気づくでしょう。

退会とブロックが同じ表示のアプリもある

注意したいのが、退会とブロックが同じ表示のアプリがある点です。この場合、相手が本当に退会したのか、自分だけがブロックされているのかが分かりません。

そもそも、どのアプリでも、ブロックは相手に気づかれにくい仕様になっています。ブロックかどうかを完全に見分けることは難しいと考えましょう。

マッチングアプリでメッセージのやりとり中ブロックされた理由・心理

続いてマッチングアプリでの、メッセージのやりとり中にブロックされた時の理由や心理をみていきましょう。

他の人と付き合うことになったから

やりとりがいい感じだったのにブロックされてしまった場合、相手は他の人と付き合うことになったことが考えられます。
自分ではいい感じだと思っていても、相手は複数人とやりとりをしていることもあります。

わざわざ「他の人と付き合うことになった」ということを、今までやりとりしていた人には伝えづらいですよね。

恋人を作る目的を果たし、もう関係を続ける必要性がないと判断された相手はブロックされてしまいます。

脈なしと判断したから

脈なしと判断して、あえて自分からブロックすることもあります。

具体的には、

  • 自分に気がなさそう
  • 気が合わなさそう
  • この先がない

と感じると、諦めてブロックしてしまうことがあるのです。

マッチングアプリでは、できるだけ可能性がある相手とだけ効率的にやりとりしたいですよね。
気になる相手と上手く話が進まない場合は、時間を無駄にしないためにも諦めることだって大切です。

会うまで時間がかかりそうだから

会うまでに時間がかかりそうだと判断されたことも考えられます。

メッセージのやりとりだけでいつまでも会う約束をしない相手とは、もう会うことはないと判断してしまいますよね。
やりとりが楽しくても、実際に会わないと段々と熱は冷めていってしまいます。

彼氏・彼女持ちで相手の恋人にバレたから

マッチングアプリには、彼氏や彼女持ちなのに登録している人も紛れ込んでいます。

相手に恋人がいない前提でやりとりをしている身としては複雑ですが、恋人がいることを言わずに体目的などで登録している人も少なくありません。

もしそういった人がマッチングアプリを利用していることが恋人にバレたら、もちろんアプリを続けることは難しくなりますよね。

その結果、ブロックされてしまうこともあるのです。

メッセージの内容で嫌われてしまった

残念ながらメッセージの内容で嫌われてブロックされることもあります。
嫌われてしまうようなメッセージを送っていないか、今一度確認してみましょう!

質問攻め

質問攻めのメッセージは相手に嫌われてしまいます。
その結果、ブロックされてしまうこともありますよ。

会話をなくさないために質問文を送ることは良いことですが、送りすぎてしまうと逆効果です。

また早く相手のことを知りたいという一心で、送りすぎてしまわないようにも気を付けましょう!
仲良くなっていく過程で、お互いのことを少しずつ質問し合う流れの方が安心感を持ってもらえますよ。

挨拶・短文だけ

挨拶や短文だけのメッセージも嫌われる可能性が高いので注意です!
返信しなくても良いような内容のメッセージが続くと、やりとりは面倒になっていきます。

気軽にやりとりをしたい相手を探している人も多いですが、それはある程度お互いを知った上でないと難しいですよね。

まずは相手が返信する気になるメッセージを心がけましょう。

連絡がしつこい・追撃をしてしまっている

連絡がしつこかったり、追撃をしてしまったりしている場合も嫌われてしまう可能性があります。

返事が来ないからといって、「どうして返事してくれないの?」なんて送ってしまうと嫌われてしまいますよ。
相手にプレッシャーを与えるようなメッセージを送ることは避けるようにしてくださいね!

返信頻度が相手に合わせてない

相手に嫌われずにメッセージのやりとりを続けるには、相手のペースに合わせて返信することも必要です。
あまりにも頻度が多かったり返信が遅すぎたりすると、合わないと思われてブロックされてしまうことがあります。

最初のうちは早く距離を縮めたい気持ちをグッと堪えて、相手のペースに合わせたメッセージのやりとりをしましょう!

返信に困る内容を送っている

返信に困る内容を送っていると、嫌われてしまうことがあります。
愚痴や重い話を会ったこともない相手にされたら、どう返信すれば良いのか困ってしまいますよね。

また突然顔写真を送ったらブロックされる可能性は高いです!
直接連絡先を交換した後など、親しくなってからにしておきましょう。

 

最初から馴れ馴れしい・タメ口

最初から馴れ馴れしいメッセージやタメ口のメッセージも、印象はよくありません。

たとえ自分が年上でも、タメ口や説教じみたメッセージを送ることは避けましょう。
会ったこともない相手が偉そうだと、返信する気も失せてしまいますよ。

相手とまだいい感じになってないのに会うのを誘った

まだ距離が縮まってもいない段階で会うのを誘うのも避けた方が良いです。

「マッチングしたらまずは会ってみたい」と考える人も中にはいますが、体目的だと思われてしまう可能性があります。

ある程度距離が縮まってから誘った方が上手く行きやすいので、注意しましょう!

ブロックされたらどうすればいい?

マッチングアプリは相手にブロックされないよう、マナーをわきまえながら利用するのが通常ですが、もし、相手にブロックされてしまったら関係を復活させるチャンスはあるのでしょうか?

相手との連絡手段はない

相手にブロックされると、プロフィールの閲覧からメッセージのやりとりまでが全て使えなくなり、相手との連絡手段が断たれます。単なる非表示機能と違い、相手も一度ブロックした人を解除することができません。

いったん退会して、再度ユーザー登録をしたとしても、相手からのブロック機能が解除されないアプリもあります。復活は不可能と考えましょう。

切り替えて次に行こう

ブロックされた場合は、特定の相手に執着せずに、気持ちを切り替えましょう。

真剣度の高い婚活アプリにおいては、特に嫌いな相手ではなくても、「お付き合いはお断りします」の意味で気軽にブロック機能を使う人もいます。

また、意中の相手と盛り上がっていて、他の人とのやりとりに時間を割きたくないというケースもあるでしょう。

「自分に非があったのでは…」「拒絶された!」と落胆せず、反省点を生かして次に進みましょう。

まとめ

相手が急に退会済みになる、またはメッセージの送受信ができないという場合は、相手にブロックされている確率が高いです。気持ちを切り替えてほかの相手を探しましょう。

同じ失敗を繰り返さないように、自分の行動を振り返る時間も大切です。